【決算結果】ビューティガレージ(3180)決算3Q 3/9発表、営業利益の進捗率が悪い

決算結果

ビューティガレージ(3180)決算3Q(2022/3/9発表)の結果です。

予想との比較

通期

❌売上:230.6億|245.3億(コンセンサス)
❌営業利益:13.0億|13.9億(コンセンサス)

四半期

➖売上:171.4億
➖営業利益:7.8億

画像

進捗率

⭕️売上:74.3%(例年よりやや上)
❌営業利益:60.3%(例年より下)

その他

・QoQの売上は-7.1%(減速)
・3/9時点でPERは25.8倍で過去の中では低い水準

画像

・同社は美容室やエステ等の美容系店舗に関連商品を卸すサービスが主要事業(いわゆるディーラー)
・競合のオンライン化が進まない中、同社はECでの販売を主としている点で高成長率を維持

画像

・営業利益の進捗率が悪い原因として、物販事業の「グループ子会社の在庫評価見直し等の影響と原材料高・円安の影響もあり、一時的に低下」としている。

画像

・物販事業の売上比率は8割弱なのでこの傾向が続くのかに注視する必要がある

画像

一週間後の株価動向

※後ほど更新

▼役立つ情報を発信中!!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました