【決算結果】サーバーワークス(4434)決算4Q 4/14発表、YoYの売上は+23.5%で減速

決算結果

サーバーワークス(4434)決算4Q(2022/4/14発表)の結果です。

▼関連記事▼

★予想との比較

通期

単位:百万円
❌売上:10,920|10,212(会社)
❌営業利益:638|420(会社)

ガイダンス

単位:百万円
➖売上:13,485
➖営業利益:429

★その他

  • QoQの売上は+17.29%(加速)
  • 4/15時点でPERは47.5倍で過去最低水準
  • YoYの売上は+23.5%(減速)、営業利益は-32.8%(減速)
  • 同社は以下のAWSを主軸としたソリューションを提供
    • クラウドインテグレーション:AWSの構築を受託で支援
    • リセール:AWSに付加価値をつけたサービスを販売
    • MSP・SRE:AWS上に構築したシステムの運用保守
  • 売上の構成比は上から、5% : 85% : 10%となる
  • そのため、リセールに関する指標は重要であるが、リセールはAWSを仕入れして再販する商流なので、コストも大幅にかかる。
    今期は売上26億円に対し、22億円の費用がかかっている。このことから利益率を上げるのは難しいビジネスモデルとなっている。
  • アカウント数やARPUが重要な指標になりますが、特にアカウント数は好調
  • 円安により売上高が伸びる可能性がある点にも留意したい。通期予想は1ドル113円としている。
  • 来期の営業利益予想が大幅減益予想というのを人件費等のコスト先行とのみ記載されている点は理解できないですね。

一週間後の株価動向

大幅に下落(-24.4%)

▼役立つ情報を発信中!!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました